顔脱毛もあるのでメイクにも気を付けよう!

キレイモ京都では、全身脱毛の部位の中に顔脱毛も含まれています。この顔脱毛を受ける際には、基本的にはメイクはOKですが、メイクをしていく際にも、「これから脱毛を受ける」ということを前提にしたメイクにしておきましょう。

 

脱毛前にはクレンジングします!

まず、メイクをした状態でキレイモ京都に訪れて、その後どのような流れで施術するのかと言うと、施術の前にメイクをクレンジングして、その後に光を照射していくことになります。

 

メイクをしたままでは、

  • 毛穴に詰まっているので効果が得られにくい
  • 肌トラブルの原因になる

といったことがありますので、必ず事前にクレンジングをします。

 

となると、やはり「濃いバッチリメイク」をしてしまった場合には、落とすのにも時間がかかることになりますね。キレイモで顔脱毛を受ける際には、簡単に落とせるナチュラルメイクで訪れるのが理想的です。

 

ちなみに、ファンデーションを塗らずに日焼け止めだけを塗布して行った場合でも、毛穴に入り込んでしまうのでクレンジングは必要です。

肌に負担をかけないメイクで!

キレイモ京都を利用する際、張り切って濃いファンデをたっぷり塗布していけば、お肌にもそれだけ、負担がかかってしまいます。また「日焼けを徹底的に防ごう」と高い紫外線カット指数の日焼け止めを使用すれば、肌への刺激も強く、乾燥させやすくもなります。しかも濃いメイクや高い数値の日焼け止めは、クレンジングをしても落としにくいのも困ったポイントですね。

 

顔脱毛を受ける際には、極力、お肌に負担のかからないメイクをしていくのが理想です。

  • 指数の低い日焼け止めと帽子、マスクだけ
  • ミネラルファンデのみ

こういったメイクで訪れれば、お肌への負担も少なく、紫外線も適度にカットできますね。

顔脱毛後のメイク

顔脱毛を受けても、スッピンで帰らなければならない、ということはありません。火照りや赤みといった肌状態が落ち着けば、メイクをして帰ることもできます。ですが、この際のメイクにもコツがあります。

  • 紫外線をカットできるメイクをする
  • 「水で落とせる下地」などを利用する

脱毛後のお肌はデリケートなので、クレンジングでゴシゴシするのは、刺激になってしまう恐れが強いですね。水でファンデを落とせるようにできる下地を仕込んでおけば、この「クレンジングによる刺激」を抑えることができます。

 

また、脱毛後は紫外線による影響も心配なので、完全なスッピンで帰るのではなく、最低限、刺激の少ない日焼け止めくらいは塗布していきましょう。

関連ページ

通う前には日焼けをリセット!
キレイモ京都を含め、多くのサロンで実施されている光脱毛という方法は、お肌の日焼けが厳禁となっています。そのため、人気のキレイモ京都に通い始める前には、日焼けしてしまったお肌をリセットしておくことが大切です。
予約日の前にムダ毛の自己処理を!
キレイモ京都で脱毛を受ける際には、今生えているムダ毛に関してはシェービングしておく必要があります。シェービングを忘れてしまうと、「シェービング代」という余計なコストがかかってしまう恐れがあるので気を付けましょう。
キレイモ京都に訪れる際の服装をチェックしてみよう!
キレイモ京都に訪れる際には、周辺にはオシャレなカフェやショッピングが楽しめるスポットもあるので、思い切りオシャレな服装でお出かけしたいと考える方も多いでしょう。ですが、「脱毛を受ける」ということを第一の目的としているなら、訪れる際の服装にも注意が必要です。